マンション売却 仲介業者の査定

マンション売却@仲介業者の価格査定について

 

マンションを売却する場合ですが、ご自身で買主を募集して取引を行うことはなかなかできないと思います。わたしも宅建を勉強したことがあるのですが、確か資格をもっていないと売ることができなかった気がします。

 

このような理由で仲介業者を利用することになるのですが、依頼した会社次第でどのような結果になるのかが変わってきます。そこで気になる疑問点をチェックしていきます。

 

マンション売却|仲介業者の価格査定

 

仲介業者の価格査定は正しいの?

一般的に持ち家を売るということになったら、住んでいる地域にある不動産屋さんを訪れることになると思います。そこでの流れとしては、周辺の相場やいくらくらいの価格で売りたいのかという希望などを考慮して・売り出し価格を決めていくこととなります。ただしほとんどの人は、相場などは分からないと思いますので、不動産屋の言いなりになるケースが多いようです。

 

ここで売主の心理状態を見ていくと、もちろん高く売りたい!というのが本音ですが、売れなかったら最悪・・・という心情も伺えます。ただし不動産屋の言いなりになってしまうと、安く買いたたかれてしまいます。なぜなら、その価格が正しいのかもわかりませんし、高く売ると積極的に営業をするところも少ないからです。

 

また具体的には「このあたりの取引相場坪単価45万なので、売り出し価格は坪単価を50万円ほどにしましょう」などと、提案されます。

 

もちろんプロの言うことですので信じたくはなりますが、実際のところは買主のモチベーションや数によって値上がりするケースも多いようです。確かに複数人欲しい人が現れれば、競合しあうので価格もあがります。

 

相場と時価の違い

初めて不動産を売る場合は、持ち家の価格がいくらになるかが気になるところでしょう。具体的には不動産屋のアドバイス、相場、周辺の取引事例などから決まります。

 

ここでたくさんの取引経験があるプロの意見を参考にすると、物件売却の多くは、割に合わない価格がついてしまうケースが多いんだとか。特に駐車場や農地などの戸建てやマンションが分譲できる土地になるようです。

 

また、買主が会社か個人でも結構価格が変わってくるようです。もちろん会社が買主の方が、予想より高い査定額になることが多いんだとか。もちろん買主との心理戦も大切ですが、その前にマンションの売却相場を把握しておく必要があります。