マンション売却 仲介業者の選び方

マンション売却@仲介業者の選び方

 

ご自身の持ち家を売ることになったら、仲介業者を選ぶ必要があります。もちろんふだんから不動産屋さんとの付き合いがあれば、そちらを利用する流れになるでしょう。

 

しかし一般のかたは、初めて不動産を売却するということで、かなり緊張されているかもしれません。なぜなら不動産売却の知識がまったくないので、何から始めればいいのか分からないからです。

 

売りたい不動産が2・3件あるのならば、1件を試しに売ってみて勉強するという方法もあります。しかしほとんどの人は一生に1件売るかどうかという頻度になりますので、いきなり本番を迎えることになります。

 

ですので、持ち家をできるだけ高値で売ってくれる不動産屋を見つける必要があります。そこで、いい仲介業者を見つけるためのポイントを見ていきます。

 

マンションを売る際の仲介業者の選び方とは?

 

相場より高く売った実績

 

世の中ですが、やはり実績ある人の意見が重要視されます。不動産に関しても同じことが言えるでしょう。物件を売ること自体は難しいことではないかもしれませんが、売っても利益が出なかったり・満足できなかったら意味がなくなります。つまり、ただ売るだけであれば、特に仲介業者を選ぶ必要がないということになります。
そこで、取引件数よりも相場より高値で売った実績を聞く必要があります。ただし、このような質問をされるケースは少ないと思いますので、相手側もキョトンとしてしまうかもしれません。しかしここで、的確な実績を教えてくれるところがあれば、仲介業者を選ぶ1つの基準をクリアしたことになります。

 

どのようにして高値で売れたのか?

 

上記の内容と関連性のあるポイントです。つまり、高値で売れたという実績を聞けたわけですが、では実際にどのような営業をした結果、高値で売れたのでしょうか?以前いた担当者が凄腕の人で・・・という返答であれば、その担当者はもういないということになります。
また高く売れた理由が、その物件のある立地がいいだけであったり・数年前より土地の価格が上昇しただけなのかもしれません。こういう理由であれば、特に戦略がなくても高く売れるはずです。
もちろん精神論だけでは意味がなく、「こういうシステムや活動がうちではできますので、相場より高い価格で売ることができました」という明確な回答があれば問題ないでしょう。

 

相手の意見に疑問をもつ

 

しっかり相手の意見を聞くことが重要ですが、言い訳みたいなことを言う担当者もいます。つまりここの相場はこのような状況なので、この価格より高く売るのは難しいでしょう。たしかにまったくの間違いではないと言いきれませんが、はじめから高く売れないと決めつけている行為ともとれます。不動産でなくても、車を売るときにもそのように言われた経験はないでしょうか?

 

業者の選び方はこちらをご覧ください⇒マンション売却 一括査定