不動産の価値を高める戦略

不動産の価値を高める戦略は?

 

不動産の価値を高める方法として思いつく戦略にはどのようなものがあるでしょうか?ここで不動産屋が仕事ですることを考えると、まず転売という手法があります。

 

つまり安く買って・高く売るという手法があります。具体的には競売で物件を安く入手して、少し手を加えて売却する流れとなります。こちらは安く購入することに重点を置いてますので、ふつうに売っても利益が出ます。

 

しかしリフォームをしたりと手を加えることで、販売価格をグーンと上げることができるのです。ここ最近では、外国での不動産販売がグーンと伸びてきています。その背景には経済の発展があるわけですが、それでも残ってしまう物件もあるそうです。

 

不動産の価値を高める戦略|ターゲットを絞ることが重要!

 

そういうお部屋に、少し投資してオシャレな家具を購入したり・部屋の雰囲気にあう置物、日常生活で便利なものを設置するだけで、借り手や買主がすぐに見つかるそうです。物件を購入して・お部屋を貸す場合でも、たったそれだけのことで、家賃を上げても入居者が早く決まるケースは多いようです。

 

ここでご自身が不動産を購入する立場にたった場合は、どのようなことを重視するのか考えてみるのがいいと思います。

 

たとえば家の中の状態や設備、周辺環境であるかもしれません。しかし道路に面している・静かな住宅地であるなどの条件は、変えることが難しいかもしれません。ただし、隣地と交渉すれば変えられることができます。たとえば、土地の一部を交換したり・一部を購入するケースも考えられます。

 

このように柔軟に対応する一方で、どのような年齢層・家族層に販売するかという方針を決めてから、いろいろといじるのがいいかもしれません。もしくは、買主が見つかったけど、「こういう条件なら買うのにな〜」という場合に有効でしょう。

 

ここで借地権付きの土地に関しては、なかなか価格がつきづらいので、通常はかなり安い価格でしか買い手がつかない状況です。なぜなら土地の権利は別な人が所有しているからです。

 

しかしここでも、買い取ったり・第三者への単独・共同売却、等価交換などの手法で対応できることもあります。

 

ここで最初の方の話に戻りますと、どういう層に不動産を売却するのかということが大切です。なぜならどんな不動産であっても、万人受けするものはないからです。

 

ですので、選んだ仲介業者の人と一緒に相談して決めるのもいいでしょう。ここ最近は、このような物件を購入したがる層が増えているなどの情報が得られることもあります。

 

ここで高値を出せる用途を見ていくと、自宅用地・賃貸マンション用地・戸建分譲用地・分譲マンション用地・高齢者向けの施設用地などが考えられます。

 

どの層に売ろうとしているのかをしっかり考えて、戦略を練っていきましょう。