マンション売却 売買契約の流れ

マンション売却 売買契約の流れ

 

いよいよ売却する価格も決まりました。これからが最後の契約作業になりますので、気を抜かずにきっちりやり遂げましょう。

 

マンション売却の売買契約の流れ

 

売主と買主が同席するケース

 

契約書などの読み合わせをしながら確認していきます。ここでは身分証明書のコピーが必要となります。そしてサインと押印をし、手付金の授受が終われば契約は完了します。賃貸契約でもそうですが、だいたい1時間あれば終わるケースが大半です。

 

持ち回りで契約を進めるケース

 

大きな金額の契約なので、基本的には同席したいところですが、すごく忙しい人もいらっしゃいます。そういう時は持ち回りという契約になります。持ち回りとはどういう意味?と初めてマンションの売買契約する方は疑問に思う言葉かもしれませんね。
この意味ですが、仲介・担当してくれる不動産屋さんが、売主と買主の両方のところへ行って、記名押印を行うことを指します。たしかに大きな金額の契約になりますので、郵送だけで進めるのは怖いですよね?郵送途中に契約書類などが紛失してしまったら大変なことになります。
また記名押印する順番や順序などは事情によって異なるケースもあるようです。

 

 

 

マンション売却時の売買契約の流れ

 

決済引き渡し

引き渡しをする前に、決済の準備をしなくてはいけません。早めに精算が必要な費用を確認して、精算する時にお金不足している事態がないようにしましょう。
また必要な書類としては、権利書・印鑑証明書・実印・身分証明書・物件のカギ・そのほか引き渡しする書類になります。状況によっては、そのほかに必要になるものもあるようです。
ちなみにローンを組んでマンションを購入した場合は、売却の際の決済時に一括で返済する義務があります。ですので、事前に担当の金融機関に連絡を入れておく必要があります。
決済引き渡しの当日は、買主や売主はもちろんのこと、担当の不動産屋さん、司法書士同席のうえで行われます。不動産屋さんがこういう場には慣れていると思いますので、分からないことがあれば事前に聞いておくといいでしょう。