マンション売却 価格交渉

マンション売却価格交渉の注意点

 

一緒にマンションを売っていく不動産屋さんを選んで、いくらで売るのかという価格設定をしてきました。その後は不動産屋が電話やインターネット広告などで営業をかけます。その結果内覧しに来る人が出てきます。そしていよいよ、買い手から購入申込書が届きます。

 

ここで一息つきたいところですが、これからが本番になります。

 

なぜなら買主との価格調整やその他の条件の交渉へと話がうつるからです。つまり、マンション売却の価格が決定する瞬間になります。

 

内覧が終わって、その物件を気に入った買主があらわれると、その買主から不動産屋の方へ買いたいという書面が届きます。業界では買付申込書と呼ばれているものですが、こちらに買主が希望するさまざまな条件等が書かれています。

 

ここでその条件を見ていくと、一番気になるのが買主が購入する価格になります。その次にいつ頃契約をしたいのか、ローンを利用するかどうかという項目になります。ローンに関しては、審査に通らない人もいるようなので、契約に入る前に確認しておく必要があります。

 

マンション売却 価格交渉の現状

 

住宅用マンションのケース

 

住宅用のマンションの場合は、あまり大きく値下げするというケースはないようです。たとえば1640万円の場合は、40万円を値切るといった感じのようです。このように端数を値切るということであれば、最初の価格設定の際に、値引き交渉のために1700万円ぴったりにしないで、端数を残しておくのがいいかもしれません。ただし、買主からの値引き交渉で、「はじめからそのつもりだったんだ」という意図を見抜かれると、相手に充実感や満足度がなくなるので注意が必要です。

 

収益マンションのケース

 

収益マンションの場合ですと、全国に買い手がいるということになります。しかしその逆の意味もあります。つまり収益物件は全国から探すことができますので、たとえ最終的な交渉になっても、買主が納得いかなかったら話は流れてしまいます。
ですのでこちらのケースでは、買主の条件で売るのが一番ベストということになります。もちろん利回り以外にもメリットがあれば、さらに急いで売る必要はなくなります。しかし、問い合わせがほとんどない物件であれば、少し価格を下げても売るのもありかもしれません。

 

価格交渉がまとまったらいよいよ売買契約をすることになります。