中古マンション売却相場

中古マンション売却なら相場を知らないと?

もちろん不動産を売却して利益を出す人もいらっしゃいますが、ほとんどの方は不動産を売る行為は一生に一度あるかないかという大きな出来事になります。

 

そして家やマンションなど不動産と言うと、電化製品や自動車とは比較できないほど高額な資産になってきます。

 

つまり、このマンション売却を成功させるかどうかということが、今後の人生に多大な影響を及ぼすことは間違いありません。

 

もちろん高く売ることができれば、よりよい一戸建てやマンションに住み換えることもできますし、収益物件を入手することも可能です。

 

このように大きな買い物をしなくても、子供の教育費や旅行等の趣味などにお金を回すことができます。。

 

中古マンション売却

 

しかしマンション売却を失敗してしまうと、一緒に暮らしている家族から失望の目で見られるだけでなく・今後の生活が楽しくない状況になってしまいます。

 

また不動産の相場を知らずに、提示された価格で売れたので満足していたのに、実はその不動産価格より1,000万以上する価値があったならば、後悔してもしきれないと思います。

中古マンションを売却するなら相場を知って一番高く売りましょう!

多くの人は、周辺の土地の価格や不動屋さんの売値価格を参考に、おおよその価格を想定することと思います。

 

ただしそれぞれの物件には築年数や間取り、広さ等々さまざまな条件が異なってきますので、そのおおよその価格相場がどれだけ正確なのかも分からないでしょう。

 

そこで近所にある不動産屋さんや知り合いの不動産の詳しい人に価格を聞きに行かれると思いますが、実際にその情報だけを信用するのは危険かもしれません。

 

もちろん予想以上に高い価格でマンションを売却できれば満足できると思いますが、実際のところは予想よりだいぶ低い金額を提示されることが多いようです。

 

マンション売却相場交渉

 

ちなみに、家やマンションなどの物件を売る側よりも、購入する側の意見が最も重要視されてしまいます。

 

そのため、物件の売却を依頼した不動産屋さんが、一生懸命営業活動をしてくれれば問題ありませんが、実際のところあまり期待はできないようです。

 

なぜなら、たとえ安い価格でもマンションを売らないと仲介手数料をもらうことができないので、買う側の意見を尊重し・マンションを高く売ることよりも、安くてもいいので早く売る様に交渉してしまうからです。

 

そこで必要になってくるのが、1社だけに依頼するのではなく・複数の業者に査定してもらうことです。ただし個別に頼むと似たような価格を提示されてしまいます。

 

ですので、それらの業者を競争させて・一番高い査定額にもっていくことが大切です!

そこで口コミでも評判なマンション売却一括査定のご利用をおすすめします。もちろん無料でご利用できますし、所有する不動産の相場を把握することができます。

中古マンション売却相場より高い価格で売る方法!お得な不動産一括査定!

 

☆満足度の高い不動産売却一括査定サイトはこちら☆

 

不動産売却あなたの不動産をもっとも高く!

不動産売却一括査定「イエウール」

不動産売却一括査定「イエウール」

 

全国800社以上の優良不動産企業から自動で抽出!その中から選択・査定できます。

最大6社を選択し、一括比較できます。高い金額で売れる会社がきっと見つかります!

不動産の住所を選択して、お客様の情報を入力するだけで査定できます。

 

>>イエウールの詳細はコチラ!<<

 

 

不動産売却無料一括不動産査定サービス!

RE-GUIDE 不動産一括査定

SBIライフリビングの不動産一括査定

 

大手を含む100社以上の不動産会社から、面倒な手続き不要の約1分間の簡単入力で、複数社へ一括で査定依頼できます。

不動産会社が200社以上参加!オークション感覚で利用できます♪

 

>>RE-GUIDE 不動産一括査定の詳細はコチラ!<<

 

 

不動産売却【業界圧倒的NO.1】不動産一括査定サイト!

イエイ不動産売却査定

イエイ不動産売却査定

 

お住まいの地域にある優良と評判の大手から中小企業までまんべんなく、不動産の売却査定額を比較できます 。

これまでの利用者数は300万人を突破!人気の全国1000社と提携しています。

無料査定依頼はネットで約1分ほど!利用満足度も非常に高い!

 

>>イエイ不動産査定の詳細はコチラ!<<

 

中古マンションを売るなら仲介の依頼方法は3種類

例えばマンションを売却する場合、仲介の不動産会社を利用することになると思います。その際、1社だけ利用するのか、複数の不動産会社を利用するのかによって契約形態は変わってきます。

 

よく賃貸物件を探す際に調べていると、同じ物件情報が何個も出てくるケースを見かけたことはないでしょうか?実はオーナーが複数の会社に依頼しているので、そのような現象が起こります。

専属専任媒介

こちらはその名の通り、1社だけ利用する形態になります。仲介業者の立場に立つと、物件が売れた場合は必ず手数料がもらえるので、理想の形態です。
しかし売主の立場に立つと、依頼した会社が頑張って営業・宣伝をしてくれないと物件自体売れませんので注意が必要です。
契約の有効期間は3ヵ月で、業者は1週間に1回以上依頼者へ報告する義務があります。

 

専任媒体

こちらも一般的に1つの仲介業者に依頼する流れとなります。
ただし、ご自身で買主を見つけて売却することも可能です。契約の有効期間は3ヵ月で、業者は2週間に1回以上依頼者へ報告する義務があります。

 

一般媒介

ほとんどの売主はこの形態を利用するのではないでしょうか?
多くの仲介業者を利用することにより、より多くの買主の目に留まる機会が増えるので、一番早く買主が見つかる形態になります。
契約有効期間を自由に決めることができ、業者は依頼者への報告義務がありません。

中古マンション売却相場より高い価格で売る方法

 

ここまで依頼方法を見てきましたが、まずはマンション売却相場を知って、
その次に一番高く査定してくれる業者に話を伺うことをおすすめします。

 

※相場を把握する方法はこちらから

 

⇒マンション売却 一括査定

マンション売る 相場:北海道(札幌市・旭川市・帯広)・青森市(八戸)・岩手・宮城(仙台市)・秋田・山形・福島(郡山)・東京(23区(中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区)・新宿・渋谷・恵比寿・町田・立川・吉祥寺・八王子・赤坂・池袋・赤羽)・神奈川(横浜市・川崎市)・埼玉(大宮・川越)・千葉・茨城・栃木(宇都宮市)・群馬(高崎市・前橋市)・新潟市・富山・石川(金沢市)・福井・山梨・長野)・愛知(名古屋市)・岐阜・静岡・三重・大阪市(梅田・心斎橋・なんば)・兵庫(神戸市・姫路)・京都・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡市(天神・博多・小倉)・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄(那覇市)
東京の主要駅:東京駅・新橋駅・品川駅・上野駅・新宿駅・渋谷駅・池袋駅・赤羽駅・日暮里駅・秋葉原駅・神田駅・浜松町駅・大井町駅・大崎駅
マンション売る:中央線:東京駅-神田駅-御茶ノ水駅-水道橋駅-飯田橋駅-市ケ谷駅-四ツ谷駅-信濃町駅-千駄ケ谷駅-代々木駅-新宿駅-大久保駅-東中野駅-中野駅-高円寺駅-阿佐ケ谷駅-荻窪駅-西荻窪駅、総武線:御茶ノ水駅-秋葉原駅-浅草橋駅-両国駅-錦糸町駅-亀戸駅-平井駅-新小岩駅-小岩駅、小田急線:新宿駅-南新宿駅-参宮橋駅-代々木八幡駅-代々木上原駅-東北沢駅-下北沢駅-世田谷代田駅-梅ヶ丘駅-豪徳寺駅-経堂駅-千歳船橋駅-祖師ヶ谷大蔵駅-成城学園前駅-喜多見駅:マンション売却相場

マンション売却の一括査定を利用した方の口コミ

マンションを相場より高い価格で売るには、不動産一括査定がおすすめだと記載してきました。そこで、実際に利用した人の声を紹介していきたいと思います。

 

半年以内にマンションを売ってお金に換える必要がありました。なぜならマンションを売却する前に新しい物件を契約してしまったからです。
軽率と言えば軽率な行動でしたが、販売力のある不動産屋と出会うことができ、無事にマンションを相場より100万円ほど高い価格で売却することができました。

 

住宅ローンが残っている状態でマンションを売る場合、住宅ローンを完済しなくてはいけません。そこで、住宅ローンと税金を引いた金額よりも高い金額で売るのが理想的です。
そこで不動産売却一括見積もりを利用してみましたが、不動産会社によって数100万円も提示される金額は違ったので、今後の仲介業者選びの参考になりました。

 

マンションを購入したものの、購入した地区が私にとって住みづらく、田舎の方へ引っ越すこととなりました。購入してから3年しか経っていないこと、都心部に近い場所なので、購入当時から価格はそこまで下がらないと想定していました。
結果、購入した時と同じくらいの価格で売ることができました。本当はもう少し高い価格で売りたかったですが、無事に売れたことに満足しています。

 

⇒マンション売却相場TOPへ

自宅マンションを売却する時の内覧について

マンションを売るときに、住んでいる状態で内覧させるのか、もしくは退去した後にキレイにしてから内覧させるのかという質問が多いようです。

 

住居用のマンションを購入していたり、新しく住む予定の賃貸マンションを借りているのであれば、先に引越しをするという選択もあります。

 

しかし、売れてから、その資金を元に賃貸物件を借りたり、物件の頭金にしようと考えてる人もいるはず。

 

ネット上の意見もあわせて結論づけると、退去して・部屋の中をキレイな状態にしてから内覧させる方が、圧倒的に買い手が付きやすいという意見が多く見受けられます。

 

マンション売却時の内覧は大切

 

せっかくマンション売却でいい流れに進んでいたけど、ちょっとした理由でキャンセルになることも多いようです。

 

その理由ですが、水道周りが汚れていたり・使っている家具が買主のイメージに合わなかったりと、ちょっとした理由ですれ違いが起こってしまうようです。

 

もちろん、部屋から退去している状態であれば、いつでも内覧できるというメリットもあります。

中古マンション売却前にリフォームは必要?

上記では、内覧前に退去することが大切だと記載しました。

 

もちろん、退去するだけでは不十分で、汚れが目立ったり・内覧でチェックされやすい場所のリフォームを行う必要があります。具体的ぬは以下の部分が挙げられます。

 

・水回りのチェック(ウォシュレットの交換・コーティング剤の塗布)
・浴槽の交換
・壁紙の張り替え
・ガスコンロの交換

 

ここで壁紙の張替ですが、特に喫煙していた人は必須の作業です。喫煙していなくとも、料理をした時のにおいや、何らかのにおいが残ってることもあります。

 

もちろん、あまり住んでいない物件に関しては、壁紙の張り替えや浴槽の交換は必要ないかもしれません。

 

よく中古物件を買い取って、転売して利益を上げてる業者も少なくないと思いますが、どこまでリフォームを徹底しているのか聞いてみるのもありだと思います。

 

生活感をなくし、コスト以上に見た目をよくして・その物件の価値を高めることがポイントです。

売却仲介手数料が無料の業者がある?

マンションがいくらで売れるかにもよりますが、売却金額が高くなるほど、仲介手数料も高くなります。

仲介手数料=物件価格の3%+6万円+消費税

 

400万を超える物件の場合は上記の計算式になります。1,000万、3,000万円以上の物件価値があれば6万円の手数料は問題ないでしょう。ただし3%の手数料は痛い!と感じます。

 

マンション売却 仲介手数料

 

そこで、この仲介手数料が無料が業者があったら・・・と考えることもあります。

 

ネット上の口コミを見る限りでは、無料の業者もいくつか見つかるようです。ただしふつうに考えると、手数料が0円の場合、仲介業者に手数料が入りません。

 

つまりビジネスとして成り立っていないとも考えられます。

 

その結果、一生懸命販売活動をしなかったり、何か別なことで利益を上げていたりと、何か裏がありそうな印象を受けます。

マンション売却で悪質業者に会うことも?

マンションを売るときに悪質業者っているの?って疑問に感じる人もいるかもしれません。

 

1つ例を挙げると、不動産仲介業者と結託している会社の存在が考えられます。つまり、2社で結託して、安く不動産を買い上げて・転売するといった手法です。

 

具体的には、売り主から不動産屋に依頼が入るとします。一般的に、売り値を決めて、広告を出稿し・内覧に導き、買主との交渉を進めるという流れになります。

 

しかし、立地やお部屋もそこまで悪くないのに、なかなか売れないという状況もある場合です。

 

その場合、買いたい!という連絡が不動産屋に入っても、「売主は売るか迷ってる」、「今出張中で交渉できない」等の理由をつけて断っている可能性もあります。

 

その結果、売りたい価格をズルズル下げることになり、相場よりもだいぶ安い価格で手放したという人の話もあります。

 

最終的に相場より安くなった価格で買い取り、結託している会社に少し上乗せして転売し、利益を得るといった感じです。

 

そこで、悪質ではなく・営業を頑張ってくれる優良な不動産屋を見つけなくてはいけません!そこでおすすめなのがマンション売却一括査定になります。

 

不動産売却あなたの不動産をもっとも高く!

不動産売却一括査定「イエウール」

不動産売却一括査定「イエウール」

 

全国800社以上の優良不動産企業から自動で抽出!その中から選択・査定できます。

最大6社を選択し、一括比較できます。高い金額で売れる会社がきっと見つかります!

不動産の住所を選択して、お客様の情報を入力するだけで査定できます。

 

>>イエウールの詳細はコチラ!<<

 

マンション売却時にかかる税金

土地や建物を売却(譲渡)した時には、譲渡所得として所得税・住民税がかかります。他の所得と分離して課税される分離課税となっています。

 

譲渡所得金額=総収入金額-(取得費+譲渡費用)−特別控除

 

取得費に関しては購入代金、手数料、建物代金、設備費等から減価償却相当額を引いた金額になりますが、物件が古くて取得費が不明な場合は、取得費の額を譲渡価格の5%相当額にできます。

 

譲渡費用の内容ですが、固定資産税、都市計画税、修繕費など売るために直接かかった費用になります。

 

所有期間は5年がポイント

 

譲渡した年の1月1日現在において所有期間が5年を超えるものを長期譲渡所得と言い、5年以内であるものを短期譲渡所得と言います。

 

譲渡所得税額=譲渡所得金額×税率(長期⇒20%、短期⇒39%)

 

居住用マンションの売却

 

居住用財産を売却した場合は、譲渡益から最高3,000万円控除することができます。

課税譲渡所得=譲渡益−3,000万円(特別控除)

 

所有期間は短期でも長期でも特別控除を利用できますが、配偶者や父母、子供など生計を一にする親族等への譲渡では適用になりません。たとえ譲渡益が0円の場合でも確定申告は必要です。